相場の振り返り~2022年1月4週目~

皆さんこんにちは🌞

今週はFOMCありウクライナ進行の話ありで大変な一週間でしたね。

激動の一週間を振り返って参りましょう。

目次

一週間の振り返り

今週は乱高下あり、非常にボラの大きな一週間となりました。

しかしながら、終わってみればS&P500は+0.77%と小動きになりました。

S&P 500は2022/1/4の高値(4818)から-10%の位置(4336)で下髭つけてもみ合った後、金曜日についに上抜けましたね。

テクニカル的には以下のポイントから底打ちが反転が期待できるチャートが整いつつあります。

私が愛用する早いMACDでGC(ゴールデンクロス)シグナルが金曜日に出ている
5EMA(5日指数平滑移動平均線)の上に金曜の終値が乗って引けている

ただ、気になる点もあります。

・金曜の上げに出来高があまり伴っていない(ショートカバーの恐れあり)
・VIX(恐怖指数)はいまだ27.65と高い水準

しかし、ここまで滑落するのは、2020年のコロナショック以来です。

残念ながら退場になってしまっている方もいるのではないでしょうか。

恐らく、個別株をずっと握っていた方は、20%~30%の暴落を喰らっているのではないかと思います。

積み立てNISAなどの長期投資ではなく、特に個別株トレードをしようと思ったら損切り(ロスカット)は必須です。

買った瞬間、逆指値を入れましょう!

私は、S&P500連動商品であっても個別株であっても買ったその日に逆指値を入れるをルールとしています。

どれだけファンダメンタルズを勉強して優良企業を選定しても、テクニカルを勉強して反転タイミングを狙っても、逆指値は必須です。

この世界で生き残るにはこれは絶対のルールです。

なぜなら、相場どう動くかは誰もわからない(そもそも相場がわかると思うことさえおこがましい)からです。

仮想通貨

ちなみに、ちょっと仮想通貨のチャートを見てみましょう。

少し気になる動きをしています。

ビットコインは、S&P500が底値で乱高下する中、連続陽線を引いてます。

SANDやEnginなどメタバース系のアルトコインはより分かりやすく上へ動き出しています。

仮想通貨はリスクアセットなので、株式に先行して動くことがあるので注視していきましょう。

ビットコイン・日足チャート

My Trade

今週の私のトレードは、慎重にですが、S&P連動商品(CFD、SPXL)を少し買いました。

1/24に出来高を伴い、大きく下髭をつけて反転したからです。

これはセリクラの可能性があると判断し、買いを考え始めました。

その後観察していると、-10%水準でもみ合い1/24の下髭を割らず持ちこたえていました。

髭を想定し、指値を置いて割と良い位置でINできました。

しかしながら、損切ラインは浅めに設定しています。

1月24日の下髭を割ったらLOSS CUTです。

S&P500 日足チャート

トレード手法は、もちろん最もリスク・リワードが高いと考えているこちら。

リスクが高い相場状況では、これ以外をやる気が全く起きません(笑)

コインチェック
HEXA

リアルタイムS&P500 日足チャート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる