相場の振り返り(2022年3月5週目)~S&P500 チャート解説~

こんにちは。YOSHI(yoshi0320)です。

今週の株式相場は一旦のピークアウト、調整の一週間でした。

この記事では、以下について解説していきます。
・一週間の振り返り
・S&P500のチャートの解説
・主要な経済指標/今後のスケジュール

では始めていきましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

株ブログランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです!

コインチェック
目次

Weekly Market Report

月曜日 S&P500 +0.71%
場中下げるも引けにかけて戻し4指数共高値引け。金利下落でハイテクに資金戻る。

火曜日 S&P500 +1.23
ロシアの軍事縮小との報道を受け4指数共上昇。対面による停戦協議進展。出来高も増えてよい上昇日。リスクオン継続。

水曜日 S&P500 -0.63%
4指数共反落。原油上昇。半導体、グロース中心に売りが広がる。ADP雇用統計は予想通りで通過。

木曜日 S&P500 -1.57%
4指数共続落。引けにかけて大きく下落。一旦ピークアウトか。半導体関連の下げが目立つ。原油下落。

金曜日 S&P500 +0.34
4指数共反転上昇。雇用統計、ISM(製造業景況感指数)もあり場中下げるも下髭つけて上昇して終了。


今週は水・木と大きく下げましたが、金曜には下げ止まり感を見せました。

特に木曜の下げは出来高を伴った下げなので注意が必要です。

3月の底値から勢いよく上げてきた相場は一旦ピークアウトとなり、次の想定される展開は、
①日柄調整で値固め
②値幅調整
です。

S&P500 チャート分析

S&P500 日足チャート

火曜日でピークアウトし、一旦調整入っています。

3月の底値から約11%上げてきましたので、そろそろ調整入るのが健全です。

来週の争点は、この下落が止まるのか、底に抜けるかです。

サイクル(季節性)的には4月は強い月なので、日柄調整で終わって再び上を目指して欲しいところです。

サイクル(季節性)について学びたい方は今週発行したこちらのnoteを参考にしてください。

note(ノート)
【徹底解説】株式相場のサイクル(季節性)を理解し投資成績を改善する方法|YOSHI|note 株式相場のサイクル(季節性)というものを聞いたことはありますでしょうか? 株式相場には、株価が上がりやすい時期、下がりやすい時期が存在します。 よく「アノマリー...

4月の主要な経済指標/今後のスケジュール

4/1 雇用統計
4/1 ISM製造業指数
4/5 ISM非製造業指数
4/7 FOMC議事録
4/12 コアCPI
4/13 生産者物価指数
4/14 小売売上高
4/14 米国SQ
4/15 米国確定申告期限、米国休場
4/26 日本権利付最終日
4/27 日本権利落ち日

既に雇用統計、ISM製造業指数は大きな波乱なく通過しています。

今月は米国で4/15の確定申告期限があります。

例年、前週、その週当たりに利確や損だしの売りがでるので要注意です。


今週の売りは、この確定申告に絡む売りも出たのではないかと考えています。

まとめ

3月の底値からの上昇局面が一旦終了しましたね。

しかし振り返ってみても強烈な上げでした。

これから新年度相場なので、この調整局面は非常によい買い場となる可能性があります。

私は相場状況をみながら、米国株の追加をする予定です。

ではまた。

コインチェック
HEXA

リアルタイムS&P500 日足チャート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる