相場の振り返り(2022年7月4週目)~S&P500のチャート分析~

NFT

こんにちは。YOSHI(yoshi0320)です。

週は大幅上昇しましたが金曜に失速した形となりました。

この記事を読んで環境認識を行い、来週の相場に備えましょう。

目次

WEEKLY MARKET REPORT

S&P500 一週間の動き

S&P500 日足チャート
月曜-0.65%
す4指数共下落。アップルの雇用縮小報道により景気減速懸念で下げに転じる。原油、コモディティ大幅上昇。S&P500 上昇にブレーキ。MMFI 37.15。
火曜+2.76%4指数共急騰🚀 決算無事通過で買い安心感。過度な景気悪化懸念からの巻き戻し。利上げ観測75bp、景気ソフトランディング期待。S&P500 レンジブレイクをテスト。出来高もそれなりにあり。MMFI 50.82。
水曜+0.59%4指数共続伸🚀 ネットフリックスの好決算もありハイテク中心に資金流入。
S&P500 上昇継続。出来高それなり。MMFI 56.87。
木曜+0.99%3日連続の上昇🚀 テスラ決算無事通過で買いが広がる。ECB 0.5%利上げ、フィラデルフィア景況指数(予想0.8、結果-12.3)。バイデン大統領コロナ陽性で一時的に下げる。S&P500 日足レベルの上昇トレンドへ。MMFI 59.20。
金曜-0.93%4日ぶりの反落📉 SNAPの決算ミスの暴落(-39.1%)を受け、同業の広告系ビジネスの企業に売りが広がる:META(-7.59%)、Google(-5.81%)。一旦のピークアウトか。S&P500 5EMA。MMFI 54.69。

決算そこそこ、経済指標いまいち、バイデン大統領コロナ陽性など色々ありつつも火曜~木曜までドドドっと上げて金曜に力尽きるように下落しました。ストップをかけたのはSNAPの決算でした。やはり決算ですね。広告系ビジネスは連動するので、META、Googleに売りが広がり、指数も売り込まれました。来週この2社の決算発表がありますが大きなリスクイベントになります。

Google決算:7/26(火)、META決算:7/27(水)

相場が気にしている大事なポイントは以下の通りです。

インフレ
⇒7月CPIでピークアウトが確認できずインフレ継続。


利上げ見通し
⇒CPIを受け7/26-27のFOMCでの100bsp利上げ観測が一気に上昇するもの野FRBメンバーが火消しに回り、75bpの見込み。Fed Watcherからのリークは現状なし。


景気
⇒経済指標では不景気を示唆。景気悪化懸念は根強い。

決算
⇒各セクター思ったほど悪くない。SNAPの決算ミスにより広告系に懸念が発生。来週のGAFAMに警戒。

今週の私のトレード

先週持ち越した天然ガスショート、半導体ショートは損切りとなり、ナス100ロングは月曜に利確となりました。また、S&P500やナス100ロングを行い、一時そこそこ含み益が乗りましたが、金曜にピークアウトになるリスクを感じたので損失になる前に微益撤退しました。トレード口座はノーポジで週末を迎えています。

来週のトレード戦略

来週はFOMCまではショートベース、FOMC次第ではロングを狙っていきます。3番底になる可能性があり、下げても悪くない買い場になるとみています。また、コモディティが盛り返してきているので戻りショートを狙っています。特に原油とシルバーです。コモディティは下落トレンドですが需給が反転するとしつこく上昇するので無理せず取り込みたいです。

景気サイクルを考慮した投資

きましたね!先週紹介したTMF「デイリー 20年超米国債 ブル3倍 ETF」。

一週間で6.1%の上昇です。これから長期金利の下落はビッグトレンドになると思います。

また、今週は景気悪化局面で強いCURE「Direxionデイリー・ヘルスケア株ブル3倍ETF」を買い付けました。

景気悪化局面の投資
ロング

ヘルスケアセクター:CURE、XME →in①(7月4週目in)
生活必需品セクター:XLP
公益セクター:XLU
ハイグロ:QQQ、TECL

ショート又はベア商品
エネルギーセクター:ERY、XLE
コモディティセクター:DJP、コーン
国債連動(金利が下げたら上昇する銘柄):TMF →in①(2022年7月2週目)in②(2022年7月3週目)

経済の流れ

インフレ→利上げ→景気悪化懸念で原油・コモディティ価格下落→金利下落→景気悪化(決算悪化)→インフレ収まり→利上げ終了→利下げ

主な経済指標/今後のスケジュール

7/4 独立記念日
7/6 FOMC議事録
7/8 雇用統計
7/13 消費者物価指数(CPI)
7/18~ 決算シーズン
7/21 フィラデルフィア連銀製造業景気指数
7/22 製造業購買管理者指数、総合PMI
7/26 Google決算
7/26-27 FOMC
7/27 META決算

7/28 Apple,Amazon決算
8/1 ISM製造業指数
8/3 ISM非製造業指数
8/5 雇用統計
8/11 OPEC月次報告

来週のFOMCはこのまま75bp利上げであれば特に問題なく通過しそうですね。万が一、100bpとの話がFED Watcherから出れば上がっている株価は随分と下がると思います。月曜、火曜は要注意です。また、今後の利上げペース、利下げがどうなるかなど要チェックです。

まとめ

来週は、FOMCや決算などビッグイベントが沢山あり、大きな相場の分岐点になりそうです。

ではまた。

コインチェック
HEXA

リアルタイムS&P500 日足チャート

NFT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる